メニューホーム会社概要コンテンツ盗聴バスターズQ&Aお問い合わせメニュー
盗聴バスターズ ローカルネット
飾り 盗聴器・盗撮カメラが使用される主な要因

〜盗聴器・盗撮カメラは今や一般大衆まで広がりを見せ多種多様な目的で使用されております〜

盗聴される(する)主な要因

盗撮される(する)主な要因

●個人の場合
  
●性的興味から
・夫婦間、恋人間の浮気調査
・遺産相続問題
・金銭トラブル
・ストーカー
・性的興味
・賃貸マンションなどで前の入居者が仕掛けた
・女子トイレ
・女子更衣室
・女風呂
カメラ付携帯電話の普及により、ちょっとした気持ちから女性のスカートの中を撮るといった行為からエスカレートしていきます。
最近では子供の素行調査やいじめ問題などに使用されるケースも増えています。
 

●企業の場合

 

 

●金銭的目的

・新商品の開発情報
・顧客情報
・取引情報
・株主総会対策
・雇用者監視
・派閥問題
以前では産業スパイなどのプロの手を介することがほとんどでしたが、現在では内部社員によって仕掛けられるケースが増えています。
女性タレントを狙った盗撮は一部メディアで大きく取り上げられることもあり、一般の方の目に触れる機会も多くありますが、何も有名人だけがその対象にされるわけではありません。
一般女性においても肌を露出する場面や性行為などが狙われ、アダルトショップやインターネットのアダルトサイトで高値で取引されています。そのため不特定多数が出入りするトイレや温泉、果ては社内の更衣室にまで仕掛けられることもあります。
 

●その他のケース

 

 

●その他のケース

・政治問題(選挙、汚職がらみ)
・宗教関係
・暴力団関係
・空き巣、泥棒などの情報収集
ホテルのVIPルームに仕掛けられているケースもあります。
・監視目的
・貴重品ボックス(窃盗目的)
盗聴よりも得られる情報が多いため、技術の発達・手口の巧妙化により今後盗撮件数は急激に増加していくと思われます。
 

盗聴器・盗撮カメラなどの関連商品全体の売上170億円(2003年I.S.T調べ)

 
<参考>盗聴器・盗撮カメラの種類

コンセント

タイマー ボックス盗聴器 CCDカメラ

コンセント型盗聴器

時計型盗聴器

ボックス型盗聴器 CCDカメラ
footer
Privacy Statement | Accessibility SINCE 2002 Local Net. All rights reserved