メニューホーム会社概要コンテンツ盗聴バスターズQ&Aお問い合わせメニュー
ローカルネット
飾り

盗聴や盗撮の行為を受けているかどうかは、盗聴器や盗撮カメラが発見されない限り、「もしかして・・・」と気づいた時には、手遅れで秘密やプライバシーが表面化した時に初めて気づくことになります。ほとんどの人は、盗聴や盗撮の行為を受けているか気づきません。ただし、一 度でも被害に遭ったことを知ると、今度は被害妄想的に神経質になる方が多いようです。普段から盗聴器や盗撮カメラの存在を意識し誰でも自由に買え、簡単に取り付けられることが分かっていれば、当たり前の世界と認め、変な例えですがゴキブリや白アリを発見したような意識で『いつでもありえる事』と身近に感じておくことで、慌てず常に注意するようになるでしょう。


*「辞めないと公表」録音テープ届く・・ *ロックグループ電話盗聴事件

熱海市長に「市長を辞任しろ」でないと、このテープを公表すると脅迫事件が発覚。送りつけられたテープに、69歳の女性が「視力が弱く、免許証の更新が出来ない。お知恵を拝借したい。」との電話に、市長が「ちょっと当ってみるよ」と答えている。これはこの女性と市長との電話での会話を盗聴してそれを脅迫のネタに利用したケース。もちろん逮捕された。  

元○japanのT氏が語る。「週刊現代に掲載された僕の発言をあらためて検証すると、全て電話での会話だと気付きました。つまり、電話が盗聴されているとしか 思えなかった。そのため、雑誌が出た直後に業者に依頼して調べると自宅の電話と会社の電話から盗聴器が発見されました。警視庁の捜査担当者も盗聴されてい たのは間違いなく、プロの存在も浮上しました。

*ストーカーによる盗聴事件  *横浜市青葉台の自治会をめぐる盗聴事件

ある女性が「帰宅直後に必ず電話がある」「友達以外に話していない、電話での会話の内容をその男からの電話で質問された」「出かける前にも必ず電話がある」など間違いなくどこからか見られている状態で、盗聴か盗撮をされているということえ調査をしたところ、新聞受けの上部に電池式の盗聴器が付いていました。結構感度の良い物で、これは、比較的近所に住むストーカーの仕業ですが、犯人は捕まっていません。

横浜の青葉台自治会館の再建建設賛成派と反対派が激しく議論される中、ある 委員が相手の様子を探るのに、ある役員の自宅の電話に盗聴器を取り付けて 情報を入手。こともあろうに、まだ他の人が知るはずの無い情報をうっかり会議でしゃべってしまい、明るみに出ました。これは、その委員が無線マニアで多少 の知識があったために安易な行動に走ったものです。


個人の場合/こんな理由で狙われます。

意外かもしれませんが、企業より個人のほうが防御策に対して意識がゆるい分 狙われ易いと言えます。 個人が狙われる理由としては、人間関係のもつれがもっとも多く、次に遊び半分の愉快犯、仕事関係、ストーカーがらみといった理由がよく見受けられます。


浮気調査 元恋人が・・

一昔前は、浮気というと主婦が夫の浮気調査をするというパターンが主流でしたが、最近では主婦の浮気や昼間の行動を調査するというパターンが圧倒的です。 調査依頼は、夫からくるケースの方が多くなりました。

別れ話が出てどちらかがまだ諦め切れずにいる場合は相手のことが気になってしょうがないのが普通でしょう。そうすると、言動を何とかして知りたい、「そうだ、盗聴してやろう」という安易な発想でストーカーの第一歩が、始まります。自分の手を汚さず簡単に出来ます。

愉快犯が・・

この愉快犯が非常に多い。盗聴や盗撮に興味が沸けば、電気街や通販で簡単に買えて手軽に楽しめます。道徳心の問題ですが、自分で楽しんでいる分には、特別、罪にもならないこともあって、ますますふえていく事でしょう。少し、付け加えておくとこの背景には、IT社会が進みすぎて、人間関係作りがますますへたになっています。人と会話をする事が、苦手な人が多くなっているのも大きな理由の一つです。

盗聴バスターズ


企業の場合/こんな理由で狙われます

企業の場合は、目的がはっきりしていることが多く、その分巧妙な手口も見受 けられます。産業スパイから始まって、インサイダー関係まで幅広く行われています。株主総会や商品情報など企業には、情報=金に繋がるネタが転がっています。下手をすると、その企業の命取りになる情報も数多くあるでしょう。しかし、日本の企業が、圧倒的です。今では、海外の企業は、その会社の情報セキュリティーの状況で伝えて良い情報とまだその会社へは、伝えていけない情報を使い分けているとも言われ日本人の資質を疑われてきている状況です。


競合会社の産業スパイ インサイダーと内部漏洩

これは、遠い昔から直接人を利用して行われてきました。特に戦後から情報戦争時代と言われ、盗聴器や盗撮カメラを使用したスパイ合戦は、映画などでも承知のとおりです。現在では、一般にはほとんどありませんが、電磁波盗聴やレーザー盗聴といったハイテクを利用したものまで出現しています。特に企業で気をつける必要があるのは、ファックス盗聴で、電話盗聴と同じ要領で簡単にファックスの内容を盗めます。

最近は、愛社精神などの薄れや社内のコミュニケーション不足からか、簡単に自分の会社の機密に関わる情報を漏洩する傾向があります。また、通信情報に対するセキュリティーにはかなり意識は高まっていますが、物理セキュリティーと言われるいわゆる「ヒューマンエラー」に対しての教育が急務になっています。

 

footer
Privacy Statement | Accessibility SINCE 2002 Local Net. All rights reserved